スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麗菜の出会い系中出し体験告白日記



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はまってしまったきっかけ

福祉サークルの友達で、一つ下で、佳奈ちゃん(仮名)って子がいます。

あれは震災前の時、佳奈ちゃんが彼氏と別れた時のことです。

麗菜は普段、羽目を外すことはほとんどないのですが、

この時は、佳奈ちゃんの憂さ晴らしにと思い、女二人で弾けよう!ってことになりました。


(続きは長文です。)



麗菜の出会い系中出し体験告白日記


2対2の出会い


けど、佳奈ちゃんが二人の男性を連れてきて、2対2で飲むことになりました。

男性二人(SさんとTさん)と待ち合わせをすると、

そのうちの一人が「どんな女の子が来るかと思ったら、二人ともキレイでびっくりだよ!」って言うんです。

え?ひょっとして、佳奈ちゃんも初対面?

「どういう関係の知り合い?」って佳奈ちゃんに小声できくと、

佳奈ちゃんは「出会い系で知り合ったばかり」って言うの。

え~、びっくりです。

弾けてかなりのハイテンション



しかし、佳奈ちゃん、彼氏と別れたばかりだから、仕方ないなぁ、ということで、4人で飲みに行きました。

しかし、Sさん、会うなり、佳奈ちゃんの腰に手をまわして・・・

お酒が入ると、佳奈ちゃんは、二人の男性がいることもあり、かなりのハイテンション。

佳奈ちゃんの飲むスピードに付き合っていたら、麗菜もいつもより酔ってしまって・・・

ふと見ると、SさんもTさんも、佳奈ちゃんの身体をボディタッチ。

この時、男性経験の乏しかった麗菜には分からなかったのですが・・・

今、振り返って考えてみると、身体をくねらせていた佳奈ちゃんは、最初っからやる気モードだったのかも。



男性陣が「酔い覚ましにカラオケに行こう!」ということになって、ついて行くと・・・

そこは、ラブホテル・・・・

佳奈ちゃんはSさんと手繋いで、入っていくので、やむをえず、麗菜も一緒に入って・・・

佳奈ちゃんが何かされないように、守らなきゃ・・・その時はそう思ったんです。


ついには理性が飛んで・・・


ホテルの部屋に入ると、佳奈ちゃんが「シャワーを浴びたい」って、素っ裸になって、シャワールームへ。

そうしたら、二人の男性も裸になって入っていって・・・

ガラス越しに、Sさんが佳奈ちゃんを愛撫し、佳奈ちゃんはTさんのおちんちんをしゃぶり始めて・・・

ついにSさんが佳奈ちゃんとセックスを初めるところを見てしまったんです。

お嬢様育ちで育ってきた麗菜は、今まで男性の裸は、お父様とKさんしか見たことがありません。

それが一度に二人もの男性の裸を見ることになり、しかも佳奈ちゃんと絡み合っています。

かなり酔っていたこともあり、乱れる佳奈ちゃんを見て興奮してしまい、ついには理性が飛んでしまったんだと思います。



麗菜はTさんに服のボタンを外され、ブラを外され、麗菜のおっぱいが露に・・・

麗菜のおっぱいをさわられた途端、「あっ・・・」とよがり声が漏れてしまって・・・

そのままベッドへ押し倒され、スカートを履いたまま、パンティを脱がされ、Tさんに身体中を愛撫され・・・

Tさんがギラギラしたおちんちんを麗菜に見せつけたかと思うと・・・

そしてついに、Tさんのおちんちんを受け入れてしまいました。

スキンをしていない!


Tさんが腰を動かすと・・・

彼氏とのセックスで味分かったことのないような快感・・・

なんども悶えては、快感の吐息を漏らし・・・

麗菜「あ~、だめ・・・そんなの・・・彼氏いるから・・・だめ・・・」

Tさん「彼氏はここにいないから、秘密にしておくから、大丈夫だよ」

麗菜「え~、そんなの・・・だめ・・・」

しかし、Tさんの腰の動きに合わせて、麗菜に快感の波が押し寄せる・・・

心の中で「Kさん、ごめんなさい」と彼氏に何度も謝りました。

しかし、いけないことだと思いながら受け入れるおちんちんがこんなに気持ちいいなんて・・・

ふと見ると、佳奈ちゃんとSさんが終わったみたいで、隣で見ています。

Sさん「Tはいいな。こんな美人に生ハメできるなんて・・・」

生?そしてはっと気づきました。挿入してくる前のTさんのギラギラしたおちんちん。

スキンをしていない!

セックスは、愛ではなく・・・


そう思うつかの間、Tさんが「そろそろイキそう・・」

えっ、待って待って。

Tさん「いきそう、いく、いく・・・・」

麗菜「えっ、中はダメ、中は・・・・」

Tさん「このまま、中にいくよ」

麗菜「中はダメ、いや、ダメ、中はダメ・・・」

Tさん「うっ・・・」

Tさんの肉棒がドクンドクンと脈打ち、温かい精液が麗菜の身体の中にじわじわと広がっていく・・・

麗菜「あ~~~」

この世のものとは思えない快感が、麗菜の全身を襲い、そして、気絶してしまったんです。

この時、初めて、セックスの気持ちよさを実感したんです。

それまで、セックスは愛だと思っていました。

しかし、このセックスに、愛はありませんでした。

あったのは・・・

表しようのない中出しの快感でした。


関連記事


テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

  1. 2011/08/07(日) 20:55:18|
  2. 中出し体験告白
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<衝撃的な出会い系 | ホーム | 麗菜のこと。>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/12/08(月) |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://reinasex.blog.fc2.com/tb.php/3-a932400f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。